WEB ディレクター

WEB ディレクター Web Director

制作・開発部 課長新垣 由花

2014年入社

お客様から「流石」と言っていただけるときがプロとして嬉しい

ミップでの仕事と日々心がけていること

お客様の要望に沿った企画・提案を考え、社内の技術者と意見を出し合いながらプロジェクトを立ち上げていく。そして、お客様に提案する機会をいただいた時「他にはない提案をしてくれた。ミップは進化したね」と言って貰えるように、日々心がけています。

仕事の難しさとやりがいを教えてください

仕事を通じて新たな
自分の価値を見出す

ミップに入社し最初に手ごたえを感じた仕事は、お客様から「テキストだけで構成された原稿を目的に沿ったソリューションに仕立てる」というものでした。業界用語が溢れる決して簡単とは言えない原稿でしたが、まずはその中身を理解しようと必死に読み解きました。その原稿で重要な項目をポイントとして抜き出し、必要な箇所はリストや図表に展開する。完成したコンテンツやシステムをお客様が驚きと満足の言葉で評価してくれた時「ミップの仕事の幅を広げることが出来た!」と実感し、自分の価値を見出すきっかけになりました。
その後、別件で既存サイトのリニューアルのご依頼をいただいたのですが、ちょうど自身もペルソナ対象のサイトだったこともあり、競合分析をしながら綿密な企画提案が出来ました。ご担当者の方に喜んでいただき、大変嬉しかったことを憶えています。ニーズを読み取り一歩先の企画を作り上げるために、何度も検討を重ねお客様の満足を得ていくことは大変ですが、やりがいが大きいお仕事です。

目指していることを教えてください

自分らしさを活かし、
頼られる存在に

入社当時は、自分のこれまでのキャリアや知識と、ミップで求められていることの接点を最大限に活かそうと考え、「自分のキャリアが活かせる仕事がきっとくる」とチャンスを狙っていました。今でも、与えてもらったチャンスには、「WEBの技術では技術担当者に勝てないけどミップの主要な顧客層の業界の知識や提案では決して負けない!」という覚悟で挑み続けています。そのような姿勢、想いがお客様や社内に伝わり、徐々にディレクターとして信頼を寄せてもらえるようになったと感じています。
ディレクターという仕事は一人では何も出来ません。お客様も社内も巻き込んで物事を動かす「バイタリティ」と、とにかく人と話すことが好き!といった「コミュニケーション」が欠かせないと感じています。今は、自分の持つキャリアや知識、人間性を活かして、もっともっと頼られる存在になりたいと思っています。そして、私と一緒に仕事をしてもらえるディレクターが増え、今以上に活気あふれる職場になれば、なお嬉しいですね。

先輩からひと言

ミップはその人の能力や努力、やる気次第でどんどん挑戦させてくれます。
でもそれを切り拓くのは自分。
なりたい自分、こんな仕事をしたいという夢を持っている方に来ていただいたきです!

ITスペシャリスト
WEB システムエンジニア
WEB ディレクター