画像 画像
  • 2017年入社
    プログラマー
    山口 亮志
  • 2017年入社
    プログラマー
    小笠原 世界

自ら請け負い、残業してまで担当した社内SE

前職では何をしていましたか?

小笠原元々ゲームが作りたくて、ゲーム会社を希望していました。大学時代、演習でゲームを作ったのが面白かったので。でも、趣味で自由に作ること、仕事で作ることは違うと実際面接を受けて実感し、方向転換しました。

山口僕もゲーム会社に面接行ってました!小笠原さんは大学でゲームを作っていたんですね!僕は大学時代、法律の勉強をしていてパソコンはネットをするくらい。プログラムなんて書いたこともないまったくのド素人で、当然ゲーム会社には採用されませんでした(笑)。その後、社内SEになりました。社内PCのメンテナンスをするような仕事です。

小笠原僕は訪問営業をしていました。

山口パソコン関連の仕事じゃなく営業の仕事をされていたんですか!

小笠原そうです。ひたすら営業スキルを磨いていました(笑)。どうしてもパソコンに触りたくて、自ら社内SE的な業務を買って出て残業してまでやっていたのですが、それが楽しくて。やっぱりパソコンの仕事がしたい!と思いました。

山口僕は、仕事は面白かったのですが、社内なのに電話やメールだけで顔を合わせず仕事をするスタイルに違和感があって…。もっと人と関わりたいと思っていました。

画像

熱中できることを仕事に出来ていて幸せ

ミップに入社していかがですか?

山口お客様と定期的に顔を合わせているので、お客様の反応が感じられるので、ソリューションの完成度を実感します。小笠原さんはどうですか。

小笠原上流から下流まで全部やりたい自分にとって、ミップは最高の環境ですし、熱中できることを仕事に出来ているって幸せですね(笑)。ソフトからハードまで、ありとあらゆるITの知識が身に付く。ソリューションの開発はもちろんですが、サーバー設定、運用、保守…。多くの場合この中のどれかのみに携わると思うのですが、自ら志願すればミップではすべて挑戦させてもらえます。

山口確かに普通は工程の一部分のみしかやらせてもらえないことが多いですよね。

小笠原そうだと思います。でも実際ミップに入ってから任せて貰った仕事は、ホスティングサービスの改修、不動産会社のサイト開発、サーバー保守のお手伝いから、講習会やカスタマーサポートまで多岐に渡ります。アプリの開発もしました。

山口本当に多岐に渡っていますね!僕はもっと基本的なところからで、コンテンツページの更新や先輩が作ったシステムのテストなどから入りました。
入社した頃はCSSにさえ苦戦していたので、思った表示が出来ただけで嬉しかった。本当に素人だったんです(笑)。

画像

僕も上司のような仕事が出来るようになりたい

どんなことに苦労していますか?

小笠原サーバーとネットワーク関連のお問い合わせがあった時は、まだ一人で対応出来なくて苦労しています。先輩達はお客様との話を聞きながら解決策の検討を提示され、即解決。僕は原因を突き止めるのがやっとで対応策も分からない…。先輩の背中に追い付くには、ひたすら勉強と経験しかないと思いました。

山口僕はそもそも根本的なところでまだまだ未熟で。何か新しいものを作るとなった時、知識にも技術にも幅がなく、お客様が求めていることの実現方法が分からない。方法含め、すぐ提案が出来る上司は本当にすごいと思います。

小笠原上司は本当にすごいですね!仕事の大小に関わらず、前工程でいつも必ず綿密な設計がされていて、一切無駄がないです。僕もそんな仕事が出来るようになりたいと思っています。

山口次元が違うと感じます(笑)。システム開発している時に分からないところがあって、必死に調べて調べてどうしても分からなかったことを、上司に聞いたら一瞬で解決…。

小笠原聞いたらちゃんと教えてくれますね。営業をやっていた時は誰も何も教えてくれなかった(笑)。

山口上司との距離も近いと思います。僕は上司の前に座っていますから、物理的にも近い(笑)。

画像

「プログラマーです」と胸を張って言えるように

これからの課題と目標はなんですか?

山口「プログラマーです」と胸を張って言えるようになることでしょうか。
ひとまず目先の目標としては、求められた仕様を完璧に仕上げることですね。上司からは手を動かすのではなく、頭を動かせと言われているので、まずはしっかり考え抜いたプログラムを組めるようになることが課題です。

小笠原僕はどうせプログラムに携わるなら、提案・開発からUI的なことまで幅広くやりたいと思っています。ひとつの能力のみを伸ばすのではなく、なんでもできる人材…ゼネラリストを目指したいです。サーバーサイドの開発以外にもアプリケーションやサーバー、ネットワーク構築まで出来るようになって、どんどん仕事を任されたいです。

山口仕事を任されるというのは自信になりますよね。最近僕は担当しているサイトの改修をしているのですが、お客様のお役に立っている実感が強く、非常にやりがいを感じています。お客様の要望に沿って、システムをより便利なものにしていくため、どうすればいいのか日々考えるようになりました。

小笠原とにかく考える、というのは僕も意識していることです。今は目の前の仕事をこなすことで必死ですが、上司や先輩がゼネラリストになるための教育に力を入れてくれているので、頑張りたいです。

画像

先輩から一言

山口写真

上司や先輩との距離が近く相談がしやすいです。パソコンと向き合う日々の中でも、顔を合わせて仕事をすることを大事にする人におすすめします。チームで意見を交わしあい、より良いものづくりを一緒に目指しませんか。

小笠原写真

物事を知ることが好きな人にはとても楽しい職場だと思います。知識を身につけることで、日常生活でも新たな気づきや発見があり、毎日がとても充実します。なんでも興味を持って挑戦できる方、是非一緒に頑張りましょう。